>>> 会社概要
>>> お問合せ
>>> サイトマップ

2011年03月25日

考える葦

人間は、自然の中の最も弱い一本の葦にすぎない。しかし、それは「考える葦」である。

パスカルの「パンセ」の一節です。

好きなんです。倫理の授業。

パスカルの時代より、はるかに発達した現代、「考える」というよりも情報の「取捨選択」に手間を取られるような時代。

もちろん、情報社会によって便利な世の中が築かれているわけですが。

昔は「思考する」ことの大切さを今よりも分かっていたのかもしれない。とふと思ったのでした。


考える梢。
浜松町・大門 BALLY'S Grill&Bar
posted by ballys at 09:11| スタッフ日記